テレクラを楽しみたい男性の為のサイトの紹介です。テレクラの今と昔を徹底比較するなどテレクラの様々な情報を掲載しております。是非参考にしてください。

前へ

次へ

テレクラの今と昔を比較

「テレクラ」という言葉を聞くと、皆さんどう思うでしょうか。

ある程度の年齢の男性なら「ああ、懐かしい。以前はよく行ったもんだ」という人も多いのではないでしょうか。

その反面、「話には聞いたことがあるけれどよく知らない。でも昔の話でしょ」といった考えの若い人もたくさんいるのも事実かと思います。

テレクラとはテレフォンクラブの略称で、店にやってくる男性客に女性から掛かってくる電話を斡旋する風俗サービスのことです。

テレクラは以前、といっても20年以上昔ですが、一世を風靡していて、若い男性のみならず多くの男性の支持を受け、その頃の男性のほとんどは回数の多少こそあれテレクラ経験があるといっても過言ではないほどでした。

街を歩けば到るところにテレクラの店舗があったり、看板やのぼりなどを見掛けたものです。

ところが、今では店舗はおろか看板やのぼりなどを目にすることさえほとんどありません。

中には「テレクラ?そんなのまだ存在するの?」という反応も見られるほど、テレクラの存在は忘れ去られてしまっています。

あれほど人気のあったテレクラが、ここまで廃れてしまった理由は一体何なのでしょうか。

それにはいくつかの原因があります。

まず、テレクラが売春や援助交際の舞台となっていたという点が挙げられます。

テレクラを利用する男性の多くは、知り合った女性とのセックスが目的でした。

したがって、テレクラに電話する中には、男性にお金を貰ってセックスをすることを目的とした女性も少なくなかったのです。

また、学生などが男性からお小遣いを貰うことを目当てに電話を掛けるケースも多く社会問題とまでなり、取締りや規制が強化されたのです。

そのため多くのテレクラ店がその対象となり、廃業に追い込まれていきました。

さらに同じ頃、インターネットの普及により男女の出会いを提供する新しいツールとして出会い系サイトが台頭してきたことで、テレクラの人気が下火になってしまいました。

それらに加えて、全国でテレクラに関わる重大な事件が何件か発生したことなどで、人々はテレクラから離れていってしまったのです。

このようにテレクラは一時過去のものとなっていたのですが、今また人気が出て来ているといいます。

ただし、現在のテレクラは「テレクラサイト」というインターネット上のサービスで、昔のものとはスタイルが異なります。

でも過去を知る人には懐かしく、若い人には新しいツールとして新たな人気を博しているのです。

テレクラでは相手を楽しませるように心掛ける

自分がしたいことをしたいと思ってしまうのは当然のことです。

それが欲求なのであればなおさらのことでしょう。

はっきりと自分が何をしたいのかが分かっているのであれば、なおのこと欲求を満たしたいと考えるようになりやすいものです。

しかし、自分ひとりだけで成立をするのであれば、誰にも迷惑をかけるわけではないですので、自分がしたいようにすればいいでしょうが、他の人がいなくては成立しないことなのであれば、自分のことばかりを考えてしまっていると、相手の人に失礼ですし迷惑をかけてしまう可能性が高くなってしまいます。

自分だけ楽しめればそれでいいと思ってしまっていると、相手は置き去りになってしまって、相手が離れてしまったりするということだってあるのです。

これではただの独りよがりになってしまうだけです。

自分は楽しいと感じているのだから、相手も楽しいと思ってくれているだろうと思ってしまう人もいるのですが、独りよがりの状態で相手も楽しんでくれている可能性は限りなく低いといえるでしょう。

これはテレクラをしているときでも言えることです。

女性との話に夢中になりすぎてしまっていて、ひとりで突っ走ってしまっていると、相手はとても退屈をしてしまうことになります。

また、テレクラを利用している男性の中には、どうにかしてテレフォンセックスをしようとしている男性もいるのですが、強引にテレフォンセックスに持ち込もうとしても女性は嫌悪感を持ってしまうだけです。

女性とテレフォンセックスをしたいのであれば、相手も同じように考えているのかを考えるようにしなくてはならないですし、相手もその気にさせるようにムードを作るようにしなくてはなりません。

相手がその気になっていないのに、無理やりテレフォンセックスに持ち込もうとしても、女性はその気になってくれませんし、あきれて電話を切られてしまったとしても文句は言えないでしょう。

相手がテレフォンセックスを希望しているとしても、じっくりムードを作るようにしていかなくては、女性のテンションは下がってしまうだけなのです。

女性というのは、男性とは違ってムードを重視している人が多いです。

この傾向を無視してしまっていては、相手もテレフォンセックスに興味を持っているとしても失敗に終わってしまうということを理解しておいてください。

また、テレフォンセックスがスタートしたとしても、自分の快楽を優先してしまうと、女性は気持ちよくなりません。

ですので、女性が気持ちよくなれるようにリードをすることも忘れないようにしましょう。

テレクラのルールは最低限のマナーが必要

テレクラは、出会い系サイトよりもリアル感があるので、これから出会いを見つけようとしている皆さんにとってはぴったりなサービスです。

店舗型にせよネット上のサービスにせよ、ライバルはたくさんいるので、ついつい出会いを手に入れるために焦ってしまう方も多いと思います。だからといって、テレクラにおけるマナーやルールを破ってしまうと、出会いを手に入れるばかりか、女性に嫌われてしまったり、出入り禁止をくらってしまうかもしれません。焦る気持ちもわかりますが、大人としてルールをきちんと守ることが大切です。

とはいっても、何も難しいことはありません。テレクラは声のコミュニケーションになりますが、声だけだと、つい相手が生身の人間だということを忘れてしまいがち。自分の欲望だけを満たそうとして、相手に失礼なことを言ってしまったり、乱暴な言葉づかいになってしまうこともあります。また、女性が嫌がることを強要するのもマナー違反。相手が嫌だといっているのに、無理やり外に連れ出そうとしたり、エッチな声を聞かせてとか、一緒にエッチなことしようなどと、相手が嫌がっているにも関わらずさせようとしてはいけません。携帯の電話番号やメールアドレスなどの個人情報を聞き出そうとすることも、お互いの同意がなければしてはいけないというのがルールです。この他にもお店やサイトによってはNG行為がありますので、ルールに従いながら楽しみましょう。

このような基本的なルールすら守れないようでは、そもそも出会いを求めてはいけないと思います。どのルールも、人と付き合うときには常識とされることばかり。

女性を楽しくさせることが、結果的にあなたも楽しめることになります。どんなことを言ったら女性が興味を持つのか、どういう会話の流れだったら女性のガードが緩くなるのか、研究するつもりでテレクラを利用するというのが、後々のために役に立ちます。

テレクラでは、容姿も関係なく対等にコミュニケーションがとれます。あなたの魅力がどこまで女性に通用するのか見極め、練習することができる格好の場所なのです。

女性の立場になってみると、こちらの話にまったく興味がない感じだったり、その気もないのにエッチな話をされたり、無理やり連絡先を聞かれたりすると不快に思うことくらいわかりますよね。これから女性と親しくなるためにも、テレクラを利用するときにはルールを守って、誠実に対応することを心がけましょう。